本文へスキップ

株式会社諸長は新潟米を中心に米集荷・販売を行っている魚沼の米屋です

商品のお問い合わせ・ご注文はこちらへ

0120-203408

スマートフォンはこちら

精米の流れ

玄米入庫
入庫した玄米は、トラックに積まれたままの状態でサンプルを採取し、外観・臭い・虫など異常がないかチェックします。
サンプルはすべて品質管理により分析(整粒・異種穀粒・胴割粒・水分値)、入庫日、産地、品種、等級を記録しています。
入庫検査

玄米保管
品質劣化を防ぐ為、常時温度15℃・湿度70%に保っている低温倉庫にて保管されます。
低温倉庫

玄米張込
30kgの紙袋から、1,000kgを超えるフレコンまで、様々な形態で保管されている玄米を張り込みます。
荷受ホッパー
粗選(そせん)
もみ殻や石など玄米に混入している異物を取り除きます。
石抜機
精米加工
お米の食味を落とさないよう、米の種類、質にあわせて精米機を流れる米粒を確認しながら、そのお米に最適な圧力をかけて精米しています。
低温低圧精米機


精米精選
精米途中で割れてしまったお米「砕米」は、ふるいによって選別され、米の害虫等に食害にあって一部変色したお米「着色粒」は、色彩選別機によってはじき飛ばし、色も形もきれいな精米に選別します。
色彩選別機
計量・包装 (クリーンルーム)
精米タンクから自動で計量し、米袋へ詰めていきます。
パッカー
出荷工程
袋詰めされた製品は、パレタイザと呼ばれるロボットによって、パレットに正確に積み上げられていきます。
パレタイザ
出荷
お客様に合わせた梱包をし、全国各地へ出荷します。

出荷

バナースペース

株式会社 諸長
〒946-0035
新潟県魚沼市十日町352-15
0120-203408
(平日祝日9時〜18時、日曜9時〜17時)
FAX 025-793-1616 (24時間受付)
mail info@morocho.co.jp