本文へスキップ

株式会社諸長は新潟米を中心に米集荷・販売を行っている魚沼の米屋です。

会社方針CONCEPT

社長メッセージ

当社は明治39年10月の創業以来、魚沼地域の農家の皆様と厚い信頼関係のもと日本の食文化、特に最も重要なお米の生産と供給にたずさわってまいりました。

従来の米をめぐる複雑な流通を簡素化し生産者と生産履歴のはっきりと提示できる商品を安価で提供しております。
また、そのことによって農家の所得向上にも貢献しております。

 私ども社員一同は雪深い越後魚沼に生まれ魚沼の地で魚沼のコシヒカリを食べて育ってまいりました。米に対する愛情とこだわりでは負けないと自負しております。
また精米技術、流通方法にも日々研究を重ね、最新の精米技術でより良い商品を確実にお客様の手元に届きますよう努力しております。

これからも安心、安全を第一により良い品質をお客様に提供し続けるために生産農家と一体になって歩み続けていきます。

会社沿革

明治39年
米穀小売、酒類小売、塩の小売を目的とし北魚沼郡須原村にて初代諸橋長吉によって諸長商店を創業
昭和24年
法改正に伴い、米穀小売業、酒類小売業、たばこ小売業免許取得。プロパンガス、灯油順次取扱
昭和54年
ナショナルショップ店 家庭電器 取扱開始

平成6年
資本金3,000万円で株式会社諸長商店に組織変更
平成10年
北魚沼郡小出町十日町に現精米工場建設

平成12年
東京都練馬区田柄に東京営業所建設

平成13年
東京営業所1Fにアンテナショップ米屋諸長 出店
平成16年
本社を北魚沼郡小出町十日町に移転

平成20年  魚沼市佐梨に社員寮「サンライス」を建設

平成22年
「株式会社諸長」へ社名変更

平成26年
新潟県見附市新幸町4-1に見附工場竣工

平成28年
見附定温倉庫竣工。その後ラインとタンクの設備増設
平成29年
東京都中央区日本橋堀留町1丁目1番5号 日本橋堀留ビル5Fに東京営業本部移転